社員インタビュー

JECの魅力や雰囲気を
先輩社員から感じてみよう

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 配管設計部/小松(2007年入社)

小松 高志
/配管設計

配管設計部/小松(2007年入社)

自己紹介をお願いします
ジャパンエンジニアリング株式会社、設計部係長の小松高志(こまつ たかし)といいます。
普段はどんなお仕事をされていますか
普段はプラントの設計になります。またグループ内の管理や調整業務を行っています。
設計に関して少し具体的にお話ししますと、大きく分けて2つあります。1つは新設、もう1つは既設改造です。
新設は社内で3DCADを使って1からの設計、片や既設改造は実際の現場の改造で、現地に赴き実際の現場を確認、計測を行いまして、その情報を社内に持ち帰り設計となります。
入社されたのはいつですか
2007年の4月です。今年で14年目になります。
どんなところにやりがいを感じますか
自分自身が設計したプラントを実際に見て、完成した様子やスムーズに稼働しているのを見るとやはりやりがいを感じます。
この仕事を選んだキッカケは何ですか
前職で住宅関係の設計、施工を行っていたのですが、その時にもっとスケールの大きな設計がしたいと思っていまして、そのタイミングで私が卒業した専門学校からこの会社を紹介されたのがキッカケになります。
実際に入社されてみていかがでしたか
技術的に覚えることがすごくたくさんあり大変ですが、その分結果として出てくるので、自分が努力した分結果に表れてくると言いますか、技術が積み重なっていくところを感じるのでやりがいはあります。
プラント設計ならではの魅力について教えてください
使っているメインのものが住宅関係だとやっぱり木造が多いのですが、プラントですと鉄やステンレス、鋼材、配管、そういうものがメインになりますので、扱うものも違いますしやはりスケールは全然違いますね。
住宅は一個人の家であって、1階建て2階建てがメインとなりますが、プラントだと海外などでは大きなもので東京ドーム何個分などの広さの設計になりますので、ものの大きさはやっぱり段違いだと思います。
一日の仕事の流れを教えてください
朝は8時半からスタートしまして、朝はまずグループ内でのミーティング、今日何をしますというような作業内容と細かい指示を確認して、実際の業務がスタートとなります。
途中昼休憩を挟みますが、基本的には設計業務を皆さんに行ってもらい、その日の進捗と明日への課題、問題点がないかというようなところも含めて夕方にミーティングを行いまして、一日の業務は完了となります。
辞めたいと思ったことや苦労したことはありますか
やはり能力や色々と知識を習得できていなかった頃、入社して4、5年目ぐらいの時は正直辞めたいと思ったことはあります。以前やっていた設計で自分の設計がなかなか上手く進まなかった時に、適性というか、自分自身がこの仕事に向いていないんじゃないかと思ったことがあります。
様々な要素はあるのですが、一つはやはりお客さんとのコミュニケーションもありますし、もしくは技術の知識で自分がまだ知り得ていないような能力が及ばなかったところも当然あります。また他の部署ともやっぱり足並みを揃えて設計していかなきゃいけないところもありますので、そういう調整能力の習得がなかなか難しくて上手くいかなかったと思います。
どうやって乗り越えましたか
やはり周りの先輩達、年配者の方も含めてですけれど、たくさんフォロー頂いて、そのフォローをしてもらっている中で、そのうちに何件か設計を終わらせることができて、徐々に自分自身にも自信が付いて今の仕事と向き合えるようになりました。
部署や社内の雰囲気はいかがですか
このエンジニアという職種上、みんなやりだすと集中することが多くて、会話は思ったほど多くないかなと思います。
ただ弊社はお昼休みとは別に10時と15時に休憩時間を設けていますので、その時間はみんな和気あいあいと話したりして、すごくメリハリの付いた職場環境になっています。
技術を伸ばす環境について教えてください
新卒で特に入社された方は、最初に1ヶ月間の技術研修を全員行っているという点と、半期に一度技術試験を社内で行っています。上司、先輩、後輩が集まって勉強会を行ったり、先輩や上司がフォローをするような体制になっていますので、そういうところで技術の積み重ねができるのではないかなと思います。
やはりやった分、テストだけではなく仕事や実務にもすごく結果が出てくるような職種なので、一度自分で勉強をして、結果に出ていることを体験できるとモチベーションにもすごく繋がってくると思います。ですので、そういう点ではやはりこういう勉強会も必要じゃないかなと思っています。
休みの取りやすさについて教えてください
会社休日とは別に有休奨励日というものがありまして、それ以外にも女性だけではなく男性社員でも育児休暇の実績が弊社にはありますので、休みはすごく取りやすいと思います。
本社ではないですが東京の方で現在育児休暇中の男性社員がいます。
帰宅後や休日は充実していますか
私自身お酒がすごく好きなので、平日は帰ってお酒を飲みながらドラマを見て過ごしています。休日は体を動かすことも好きなので、子どもと一緒にバスケをしたり、プールに行って遊んだりとすごく充実しています。
新型コロナウイルスの影響について教えてください
一時期やはりリモートワークになりましたので、持ち帰り自宅で仕事をするというような時期もありました。社内では少し机の距離を離してソーシャルディスタンスを保つことを今でも行っています。
基本的には電話ないしインターネット上で繋いでお客さんとやり取りをするということが主流になってきています。一つのプロジェクトの設計期間が結構長く、1年や1年半ほどありますので、その中で特に重要なタイミングは実際にお客さんの元に行って顔を突き合わせて打ち合わせをしています。
設計業務の分野ですと、あまり新型コロナウイルスに対する影響は少ないのかなと思います。実際に弊社でも業務では少し減ったところはありますが、そこまでインパクトはなかったように感じます。
これから応募される方に伝えたいこと
このエンジニアという業界は、一人前になるのには約10年かかるとよく言われていますが、やっぱり努力と根気、継続することがすごく重要な仕事になっています。ただそのように継続して技術だったり知識を積み重ねた分、仕事の結果にも当然出てきますし、やりがいを感じるところも多くあると思います。
また会社でも年間を通して会社訪問を受け付けていますので、一度社内の雰囲気や職場の環境を見てみることをお勧めします。
最後にメッセージをどうぞ
仕事は大変ですが、やりがいがあります。
一緒に頑張りましょう!